金澤とおるが行く! – 茨城県最強ダブルス選手権開幕

ゴル天をご利用の皆様、こんにちは、とーるです。
遂に!私の主催するゴルフの大会『茨城県最強ダブルス選手権』が開幕しました!

第一予選会場は、つくばねカントリークラブ。
当日は、トップスタートの2時間30分前、雨の降る中、午前6時にゴルフコースへ到着。
着いて早々、ゴルフ場の方々にご挨拶をし、大会の設営を始めました。大会用のバックボードをセットしたり、のぼりを組み立てて設置したり、スポンサーボードを組み立てたり、せっせと作業しました。
この日は警報級の大雨が降るとの天気予報。
大会前日には、知り合いからの電話が殺到しました。とりあえず、やる方向で準備してるので…なんて返事をしたものの、出来るのかどうか不安でいっぱいでした。一緒に運営をしているアスリートゴルファーズ選手権の高橋さんは、「自分は晴れ男ですし、今まで160試合をこなして来ましたが、中止は1回もありません!」と自信満々でいます。どこから来るのか分からないあの自信とめげない精神力が羨ましく思えました。

今回は室内だけの設営だったので、思いのほか早く準備することが出来ましたが、代わりに1時間ぐらい誰も来ない時間を過ごしました。外は、雨や風が時折強くなる感じでした。時間が経つにつれ、ドンドン不安になりました。選手の皆さんは本当に来るのだろうか?キャンセルが続出するのではないか?
ゴルフ場の予約はほぼキャンセル。同日に開催予定だった茨城県ゴルフ連盟主催の団体戦・予選は、大会前日にキャンセルが決まったと知らせがありました。
こんな天候の中で選手の皆さんにプレーさせるのも悪いし…かと言って、わざわざ休みを取ってくる方もいらっしゃるわけですし、日程を再設定して参加出来なくなる方が出てくるのも気が引けますし、悩ましい時間が続きました。
その内、選手がポツリポツリと来場し、結果、キャンセルが1組も出ないという奇跡が起こりました。

しかし、喜んではいられません。ここから天気が悪化する予報。しかもとてつもなく悪天候になる予報。全員がスタートして暫くすると予報通り天気が酷くなってきました。おまけに霧も出てきて、結局は中断することに…。
選手から苦情が出ると覚悟していましたが、ほとんど苦情もなく、中には笑顔でクラブハウスに戻ってくる選手もいました。流石!茨城県最強を目指す人達ですね。笑

そんな会場での予選をトップで通過したのは、小松崎さんと久保田さんのチーム『ヒロシ&シューボー』。なんと、あの悪天候の中で10アンダーの62!凄いですねぇ。予選カットラインが3オーバーの75だったことを考えたら物凄いスコアーです!
そして、無事に全チームがホールアウトし、競技が終了しました。

第1回大会が無事に終えることが出来て、本当にホッとしました。これも参加してくれた選手の皆さんのお陰ですし、協力してくださったゴルフ場の皆さんのお陰です。心の底から感謝しています。コレから予選はまだまだ続きます。この後も参加する皆さんが楽しめる大会を目指して頑張りますので、よろしくお願いします。
大会の様子などは、茨城県最強ダブルス選手権公式サイト大会公式インスタグラムにて確認出来ます。一度チェックしてみてください!

金澤とおるが行く!の記事一覧)
聖地・緑野ゴルフクラブが惜しまれつつ閉場となりました
キャディ研修
ゴルフは形状記憶
ゴルファーあるある
スコアアップは意識改革から
ゴルフ力”向上委員会
ゴルフ『力』
関東倶楽部対抗決勝競技に潜入
距離計測器事情
トーナメント会場へ ー 練習日の様子を潜入レポ
いざマスターズへ 番外編② 生観戦のススメ
いざマスターズへ 番外編① ゴルフの祭典閉幕
いざマスターズへ 第2部「オーガスタ」
いざマスターズへ 第1部「マイホームタウン・セントジョージ」
いざマスターズへ 「プロローグ」

GSプランニング代表 金澤徹

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい