金澤とおるが行く!~ 強気

本物になる為には、”強気”は大切な資質の一つだと思います。

強気である事は、他人に誤解を与えることもありますが、本当の強気は結果になって現れ、やがて周りから認められるようになると僕は思います。

この記事を書いている最中に畑岡奈紗プロが日本女子オープンを制しました。史上最年少でメジャー4勝目(同大会3勝を含む)、前回メジャー大会・日本女子プロ選手権からの同年に日本タイトルを連覇したのは、樋口久子プロ以来42年ぶり2人目の快挙だとか。素晴らしいですね。

LPGAホームページより

大会中の彼女の表情やプレー振りからも彼女の強気が伺えましたね。
2017年の同大会で連覇を果たした時も強気な発言がありました。「これからは、私達の世代が日本を引っ張っていくべきだと思うので・・・。」
僕らは、「おおぉ!逞しい!!これからもがんばれー!」って思いでしたが、反対に生意気だとか思う人も結構いたようです。
解説の塩谷プロも当時は少し上からの発言だなぁって思ったらしいのですが、しっかりと結果で表していることを高く評価したいと言ってました。
強気とは、どれだけ自分を信じられるかだと僕は思っています。
そして、彼女は自分を信じられるよう、凡人には考えられないほどの努力を積み重ねて来ています。
地元の人は、プロになりたての彼女を「奈紗ちゃん」と呼んでいました。しかし、今ではほとんどの人が「奈紗プロ」と呼んでいると思います。
誰からも認められる存在になったのですね。

僕自身、強気が大切だなって思ったのは、アメリカに留学して少し過ぎた頃でした。
アマチュアの大会に参加するようになった頃、同世代の参加者達に気付かされたのを今でも覚えています。

僕と同じ歳ぐらいの彼は、トーナメントの最中、パットを外す度に悔しがっていました。
20yを超えるパットでさえ1パットで決めようと真剣にラインを読み、真剣にパットして外す。そして、めちゃくちゃ悔しがる。
20yを超えるパットなんて入る訳がない。なんかの記事を読んだけど確立は600分の1とかだよ。
そんな風に思っていた僕は彼の行動が理解出来ませんでした。

しかし、何となく気になったのでプレー後、彼に何であんなに悔しがるのか?聞いてみました。
彼からは、「だって入れようと思って打ったパットが外れるんだから、悔しいのは当たり前でしょ。」という答えが返ってきました。

なんてバカで強気な発言なんだろう?あんなもん2パット狙いが当たり前。
80も切れないのに何を生意気な事を言っているんだとも思ってしまいました。

次の週、違うアマチュアトーナメントに参加した時、今度はユタ州を代表するようなアマチュアプレーヤーと一緒の組になりました。
プレースタイルを見た時、ビックリしました。先週の彼と同じじゃん!?ロングパットを外して、めちゃくちゃ悔しがっていました。

今度も気になって、プレー後に同じ質問をそのトップアマに投げかけました。
彼からは先週の彼と同じ答えが返ってきました。納得が行かない僕は一生懸命に覚えたての英語で更に問いかけました。
「あんなロングパットを狙って3パットをしたらバカじゃん!最初から2パット狙いで行くべきじゃない?」
「僕は沢山練習してるから少しでも可能性があれば狙っていく!」と言う強気な返事が返って来ました。
更に彼は、「初めから諦めてしまったらパットが決まる確率はゼロになってしまう。2パット狙いでも3パットすることあるしね。」
と僕の肩を叩いてクラブハウスに消えて行きました。そして、そのトーナメントで優勝したのは、彼だったのです。

ハッとさせられました。自分で自分の可能性を潰していたなんて・・・。自分で限界を作っていたなんて・・・。
先週の彼の方がよほど僕よりも上手くなる可能性があったんだ。自分は彼を見下していたけど、1年後は見下されていたかもしれない・・・。

目を覚まされた僕は、トップアマの彼に追いつき、追い越すよう、そして強気になれるように一生懸命に練習しました。彼らとは、いいライバル関係になれました。

皆さんは、“強気”についてどう思われたでしょうか?
強気というと気の強い人や生意気な人を連想しがちですが、大人しい人でも内に強気を秘めている人が沢山います。
そして、結果を残し成功している人には必ず強気で挑んでいる部分が何かしらある筈です。

そんな視点を加え、プレーヤーに注目しながらゴルフ観戦したり、自分自身でラウンドしたりすると、何か新しい発見があるかも知れませんね。

金澤とおるが行く!の記事一覧)
金澤とおるが行く!~ ゴルフは形状記憶
スコアアップは意識改革から
ゴルフ力”向上委員会
ゴルフ『力』
関東倶楽部対抗決勝競技に潜入
距離計測器事情
トーナメント会場へ ー 練習日の様子を潜入レポ
いざマスターズへ 番外編② 生観戦のススメ
いざマスターズへ 番外編① ゴルフの祭典閉幕
いざマスターズへ 第2部「オーガスタ」
いざマスターズへ 第1部「マイホームタウン・セントジョージ」
いざマスターズへ 「プロローグ」

GSプランニング代表 金澤徹