三菱ケミカルが約6年ぶりに新シャフトシリーズ「KAI’LI(カイリ)ホワイト」を発表! より「パワー」と「スピード」があるプレーヤー向け?

果たして「KAI’LI(カイリ) ホワイト」は、三菱ケミカルの最新テクノロジーを搭載した“要“となり、フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)」のような競合シャフトに対抗することができるだろうか?

三菱ケミカルが約6年ぶりに新シャフトシリーズを発表した。シリーズ名の「KAI’LI (カイリ)」は、何年も三菱ケミカルのシャフトを見てきた人なら、慣れ親しんだ言葉のはず。

お気づきのようにネーミングは同じ(「KAI’LI」)だが、今回の「KAI’LI」は前作とは全く異なるシャフトのようだ。

三菱は基本的に「素材」の会社。つまり、シャフトを構成する複合材となる「原材料」を生み出している。もっと言えば、同社の多くの競合も、同社の材料を活用している。

三菱は、プロツアーや一般消費者向けの小売環境においてもシャフト業界のリーダー的存在。技術革新は進んでいくものだし、シャフトメーカーがそれをユーザーに伝え続けていくのであれば、メーカーにはその“証拠”を示す義務というものがある。

三菱による「KAI’LIホワイト」をテストした特徴やその説明を見ると、最先端素材とデザインを活用し、より「パワー」があり「スピード」があるプレーヤーに向けたシャフトを作ろうとしているように見える。

PGAツアーの「週間シャフトランキング」で、上位2位に入るトップブランド三菱の新シャフト。しかも6年ぶり!既にダニー・ウェレットが「KAI’LIホワイト」を使用し、ダンヒル・リンクス選手権で優勝したことは順調な滑り出しと言えるだろう。これから楽しみになりそうだ。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

新シャフトシリーズ「KAI’LI(カイリ) ホワイト」の特徴は?
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい