コブラ“世界初”完全3Dプリンテッドの「LIMIT3D」アイアンを数量限定で発売!

完全3Dプリンテッドの「LIMIT3D」アイアンは、全世界「500セット」の限定発売!

コブラ「LIMIT3D(リミテッド)」アイアンは、市販では“初”となる「3Dプリンテッド」アイアンだ。

コブラは「3Dプリント」アイアンに過去6年間取り組んできているが、その手の内は明かしておらず、PGAツアーにおいては数年間、「3Dプリント」のクラブを採用している。

ブライソン・デシャンボーは、コブラの「3Dプリンテッド」ユーティリティを2017年から使用しており、「3Dプリント」アイアンも提供している。リッキー・ファウラーやゲイリー・ウッドランドは、コブラの「3Dプリント」を使っている。

カイル・バークシャーが使っていたユーティリティアイアンのフェースに亀裂が生じた際、コブラは新しいクラブにこの「3Dプリント」を採用した。

コブラが「3Dプリント」に取り組むのはなぜか?それは、コブラだからできることだからだ。

そして「3Dプリント」のメリットはどこにあるのか?一言で言えば“パフォーマンス”だ。

「3Dプリント」であれば、鍛造や鋳造、ミーリング(研磨)加工よりも、はるかに複雑な内部形状を製造できる。

その結果として生まれたのが、コンパクトではあるものの非常に易しいゴルフクラブというわけだ。 では、もう少しコブラ「LIMIT3D」アイアンのパフォーマンスについて見ていこう!

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい