タイトリストTOUR SOFT(ツアーソフト)とVELOCITY(ヴェロシティー) ボール ~スピードアップ&豊富なカラー~

好みを重視するゴルファーに向けて改良した2種類のボール、2020年モデルを追加。

パフォーマンスを最大限に引き出したい真剣なゴルファーは、ツアーレベルのボールを使うべきだと、タイトリストは考えている。それがその人にとって最高のゴルフボールになるからだ。

ツアーレベルのボールとは、プロのプレーに通用するような高品質なボールのこと。しかし、熱心なゴルファーでも、ツアーボールを使わないいくつかの理由がある。

大抵は価格だ。そしてカラーボールやラインの入ったデザインを好むゴルファーもいる。自分自身の感覚として、ある程度の打感と飛距離、そして価格に見合ったものを選ぶ傾向にあるように思う。

タイトリストはそのことを理解した上で、そのようなニーズがあるところで勝負すべきと、好みを重視するゴルファーに向け改良した2種類のゴルフボールを追加。

それが「TOUR SOFT(ツアーソフト)」と「VELOCITY(ヴェロシティー)」だ。

毎年、今まで以上の性能アップを図ることはより難しくなっている。そのため、メーカーでは小さなことにも目を向けるようになってきた。

今の時代、サイドスタンプは、ボールの特徴でありプラスの要素でもある。今回タイトリストもシンプルながら、ターゲットに合わせやすいアライメントサイドスタンプ「T」がデザインされている。

そしてもう一つのモデル「VELOCITY(ヴェロシティー)」の注目点は、主力ディスタンス系に新たにカラーが追加されたこと。フィーリングもカラーも好みで選べる。

ゴルファーの希望に沿った価格を抑えたこの2種類のボールは、どうやら逆の特徴があるようだ。その性能や特徴を比べてみよう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【低価格、ニーズのあるところでの勝負!!
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい