タイトリストが「Tシリーズ」アイアンと「U505」ユーティリティアイアンを発表

タイトリストの新しい「Tシリーズ」アイアンおよび「U505」ユーティリティの全容。

タイトリストが「Tシリーズ」アイアン4モデルおよび「U505」ユーティリティを発表した。「T100」「T100S」「T200」「T300」が現行モデルの後継となる。

「AP2」から生まれた現行のタイトリスト「T100」は、PGAツアーはもちろんのこと、世界中のツアーで最も多く使用されているアイアンだ。世界中のトッププレーヤーに愛されているタイトリストを代表するアイアンには、世代にかかわらず一つの重要な使命が課せられている。

それは、「失敗は許されない」ということ。

タイトリストはこの「T100」を「ブレード風」と表現している。トップラインは薄く、オフセットは少しあるが、それほど多くはない。ロングアイアンとミドルアイアンには、いくつかの寛容性が詰め込まれているが、そうはいってもこれはあくまで「ツアープロのために設計されたアイアン」だ。

前作との最も大きな違いはその「構造」にある。それは後程詳しく見てみよう!

次に、タイトリスト「T100S」はストロングロフトモデル。ヘッドサイズと形状は「T100」と同一。唯一の違いは「T100S」のバックキャビティにある「小さな溝」。「とにかく遠くに飛ばしたい」というプレーヤーのために、設計の強化を施している。

次に、タイトリストが「タイトリスト史上最も進化したアイアン」と呼んでいる「T200」。“大改造”とまでは言わないが、間違いなく前作から最も大きく変化したモデルと言える。

大まかな説明だが、「T200」は上級者にアピールするよう改良された。ゴルファーにとって本当に意味があるのは、「T200」アイアンがタイトリストの「上級者向けアイアン」の中で「最も飛んで」「最も寛容性が高い」と証明されるはずだということだろう。

次に、タイトリストは「T300」を「究極の中級者向けアイアン」と呼んでいる。これまたいつもの決まり文句だが、性能面では、「高く遠くまで飛び」、十分な「寛容性」を備え持つアイアンであることを物語っている。

そしてタイトリストの新しいラインナップを締めくくるのは、「U505」ユーティリティ。「U505」は、前回発表した「U500」と「U510」のその中間に位置し、タイトリストによると両方の長所を兼ね備えているという。

ここまでごく簡単に紹介したが、ここからは、更に詳しくタイトリストの新しい「Tシリーズ」アイアンおよび「U505」ユーティリティの全容を見てみよう!

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

タイトリスト「Tシリーズ」アイアンの最新の構造と性能
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい