タイトリストTSiから進化を遂げたTSR2、TSR3、TSR4ドライバー登場!

TSiからの進化、構えやすさを追求したTSR2、TSR3、TSR4ドライバーを深掘りする。

「最高の性能」、「最高の品質」と掲げる、タイトリスト「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーがいよいよ発売となる。

多くのメーカーが「カーボンクラウン」を採用し、テーラーメイドが「カーボンフェース」時代に突入する中、タイトリストの「フルチタン構造」に対する拘りは変わらないようだ。

中でも最も注目されるのが、タイトリスト独自のフェース素材「ATI425」の第二世代を採用したこと。

「ATI425」は、「TSi」ドライバーの時も注目された。素材こそ同じだが、同社はさらなる可能性を生み出すことを追求し続けている。

タイトリストのマーケティング部バイスプレジデントのジョシュ・タルゲ氏によると、「TSR2」、「TSR3」、「TSR4」のどれがフィットするにしても、“結果=Results”はついてくるという。

とは言え、タルゲ氏は「マーケティングトップの『これがベストドライバーです』という言葉を信じないで欲しい。」そして、「試して欲しい。マイクラブと『TSR』を打ち比べるべきだ」とも述べた。

どうやら、タイトリストは勝機があると思っているようだ。では、その通り試してみようじゃないか。

「TSR2」と「TSR3」は馴染みがあるが、「TSR4」は、タイトリストによれば、超低スピンを必要とするゴルファー向けの特別なドライバーだというので、対象者はそう多くはないだろう。 構えやすさを追求したTSR2、TSR3、TSR4ドライバーのさらなる進化を深掘りしていこう。

前作「TSi」シリーズを超える独自の進化を実現!TSRシリーズ
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい