キャロウェイが新作「パラダイム」ドライバー3モデルを発表!

キャロウェイが2023年新作ドライバーとして、「パラダイム」、「パラダイム◆◆◆」、「パラダイムX」の3モデルを発表。

キャロウェイにとって、「エピック」はパラダイムシフト(常識や価値観の劇的変化)だと言われた。そして、「エピック・フラッシュ」がさらにそのパラダイムを変えた。

だが、キャロウェイの主力モデル「エピック」シリーズに新鮮味がなくなってしまったと思っているのは私一人ではないはずだ。

「エピック」、「ローグ」、確かにまだまだ売れているけど、私にはキャロウェイの「AI」テクノロジーが無限ループに陥っているように感じ始めていた。

だが、今回の「パラダイム」は、この数年のキャロウェイドライバーの中で一番ゴルファーを引きつけるギアであり、恐らく初代「エピック」以来だろうと思っている。

初代「エピック」では、センターフェースの初速に重点を置き、「エピック・フラッシュ」ではオフセンターの初速をより重視した。

そして「パラダイム」はパフォーマンスの注目点を、“バラツキを抑えて飛距離を伸ばすこと”に置いている。

つまりキャロウェイは、初速を落とすことなく「正確性」と「一貫性」を向上させようと考えているわけだ。

ツアーでの「パラダイム」のパフォーマンスを評価するのは時期尚早だが、キャロウェイの契約プロジョン・ラーム、ザンダー・シャウフェレは1.79m/sの初速アップに成功し4~6ヤード飛距離がアップしている。

このボール初速の数値は、キャロウェイのメインテーマが「一貫性」と「バラツキ」を抑えるという事実だけなら不思議なことだが、これに加えて初速アップもするというなら悪くないだろう。 果たしてキャロウェイは、この「パラダイム」で再びパラダイムシフトを起こすことができるだろうか?

注目のギア、キャロウェイ新作3モデルをチェック!
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい