ソフトなフィーリングを追求したグリップ ゴルフプライド「CPX」

新開発したゴム素材は、「Golf Pride(ゴルフプライド)」史上最も柔らかい。

ゴルフプライドの新「CPX」グリップについて確かなことがいくつかある。それは、これまでと全く違うということ。

表面がデコボコした今回の新「CPX」グリップは、これまでゴルフプライドが開発してきた中で最も“柔らかい”パフォーマンスグリップだという。

同社プレスリリースには、「CPX」は「柔らかさと粘着性の向上」と「グリップ力を高めるための独自のデザイン」が特徴とあるが、グリップの場合、「ソフトフィーリング」と「粘着性」は切り離せない。

業界では、これらの性質のグリップを「コンフォートグリップ」と呼んでいる。

しかし「グリップ力」はというと、通常硬めのグリップに適している機能だ。そしてこれらは「パフォーマンスグリップ」と呼ばれている。

「ソフトなフィーリング」と「粘着性」のあるグリップが、「硬くグリップ力」のあるグリップと交わることはないと言われてきた。通常、どちらかを選ぶことになる。

しかし、今回その“両方”が備わるという。一体ゴルフプライドはどのように成功させたのか?

「ゴルフプライドの歴史を考えると非常に画期的な挑戦であり、グリップのカテゴリーでは初の試みだ」と、ゴルフプライドのグローバルマーケティングディレクターであるエリック・ギブソン氏は言う。

現在のグリップ市場には多くの快適なグリップがある。しかし、パフォーマンス(性能)ありきでなければならない。 新「CPX」は紛れもなくソフトなグリップだ。それでは、今回の試みと新「CPX」グリップの詳細を深掘りしてみよう!

新「CPX」グリップは、ハードゲームのためのソフトグリップ
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい