キャロウェイ「CHROME SOFT X LS」ゴルフボール 〜最低スピンを誇るツアーボール〜

キャロウェイ「Chrome Soft X LS」は、「Pro V1x」や「Left Dash」、「TP5x」に対抗して作られた最低スピンを誇るツアーボール。

最新の「Chrome Soft(クロムソフト)」発売から1年以上が経過し、キャロウェイはシリーズの新モデルとして「Chrome Soft X LS」を発売。

ご想像のとおり、「LS」は「Low Spin(ロースピン)」の略で、現在のラインナップの後継ではなく、ツアーボールの中で待望の2番目の選択肢として登場した。

「Chrome Soft X LS」の特性は、「高コンプレッション」、「高弾道」、「低スピン」。競合のボールとしては、タイトリスト「ProV1x Left Dash」、テーラーメイド「TP5x」、そしてブリヂストン「ツアーBX」も少なからず含まれるはずだ。

同社は「Chrome Soft X LS」を、“スピンを攻略し更に飛距離を伸ばしたい上級者向けのボール”だと位置づけているが、過去数年にわたって、キャロウェイはアベレージゴルファーに対して幅広く対応してきたという功績があるものの、おそらく上級者に対しては同等の成功を収めていない。その理由はなんだろうか?

現在のツアーボールの中で一番の飛距離を誇るのは間違いなくタイトリスト「Left Dash(レフトダッシュ)」だ。

その「Left Dash」の販売をタイトリストが制限する一方で、キャロウェイは「Chrome Soft X LS」を小売全店で購入可能にし、このチャンスを掴みたいと考えている。

「ゴルファーは更に飛距離を伸ばそうとしている。それこそが彼らが望んでいることだ。」と語るのは、キャロウェイブランド及び商品管理部長ジェイソン・フィンリー氏。

ここからは、更に詳しく「Chrome Soft X LS」について紐解いてみよう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

キャロウェイにツアーボールは存在しなかった?
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい