タイトリストから「TSi4」ドライバー、「TSi1」ドライバー&フェアウェイウッドがデビュー!

タイトリストが新「TSi4」「TSi1」ドライバーを発売。「TSi1」は軽量化によりスピードアップを実現、「TSi4」はスピンを“撲滅”。

タイトリストが、「TSi1」ドライバーと「TSi1」フェアウェイウッド、そして「TSi4」ドライバーをデビューさせた。

今回の新作は、特にドライバーが主力の「TSi2」と「TSi3」に代わるニッチな選択肢となりそうだ。

さて、まずは「ゴルファーの約1/3のヘッドスピードは約40.23m/s以下」だということを伝えておこう。もしあなたがこの層に属すなら、タイトリストの「TSi1」ドライバーがオススメと言える。

「TSi1」の寛容性は、「TSi」シリーズで最も易しいドライバーというわけではない。もし寛容性を最大化することが目的であるなら、「TSi2」の方が良い選択肢になるかも知れないということは覚えておいて欲しい。

次に、タイトリストのラインナップに新たに加わったのが、ドライバーを補完するためにデザインされた軽量の「TSi1」フェアウェイウッド。

この対象は、はっきり言って「中程度のヘッドスピードのプレーヤー」という枠を超えている。ロフト角のラインナップが豊富に揃い、タイトリストでは、多くのゴルファーが軽量で簡単にボールを上げることができるフェアウェイウッドのメリットを感じられると考えているようだ。

そして最後は「TSi4」、誰にでもマッチするわけではなく、実際、多数のゴルファー向けではないし、ターゲットは限られる。対象範囲は狭いかも知れないが、タイトリストはそこを追求する価値はあると考えている。ここまで簡単にお伝えしたが、ここからは、それぞれの特徴を詳しく説明しよう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

なぜタイトリストは430ccヘッドに拘るのだろうか?
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい