テーラーメイドの「SIM2」ドライバーシリーズがUSGA適合リストに掲載

近日発売予定のテーラーメイド「SIM2」ドライバーシリーズが、今週になりUSGAの適合リスト入り。あるべきものがない!?

テーラーメイドの「SIM2」ドライバーシリーズの2モデル(「SIM2」&「SIM2 MAX」)がUSGAの適合リストに掲載された。

早ければ今週からPGAツアーのプロたちに使用される可能性があるが、ツアーのスケジュールを考えると、「SIM2 MAX D」(ドローバイアス)が今回リスト入りしていないことは説明がつくし、後日リスト入りすることは想像できる。

そのため、2021年初頭の発売前にはさらに最低1モデルが追加されるだろう。

今回テーラーメイドが、空力にこだわった「Shape in Motion(動きの中の形、略してSIM)」にどんな改良を施したのか?

USGAの画像を見てもそれほどわからないが、同社がこの新モデルに“搭載しなかった機能”によって、この新作の背景にはもっと大きな“ネタ”があることは明らか。

特に10年以上に渡ってそのテクノロジーのトップとしての地位を確立してきたテーラーメイドにとっては大きなことだ。

今年ゴルフ業界もコロナの影響を大きく受けた。しかしそんな状況にも関わらず、「SIM」の人気は衰えることがなかった。それだけに、今回の新作「SIM2」ドライバーシリーズに大きな期待が掛かるのは言うまでもない。

なぜ主力ドライバーに搭載しなかったのか?は、後日テーラーメイドに確認するとして、皆さんはあるべきものがない!?ことに気づいただろうか?

果たして、テーラーメイドの「SIM2」ドライバーはどんなドライバーなのか?あるものを犠牲にしてまで、得たかったものとは?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

注目のテーラーメイド最新モデル「SIM2」&「SIM2 MAX」ドライバー『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい