PINGから「i230」アイアンと「iクロスオーバー」ユーティリティアイアンが発売

誰もが使いこなせる上級者(競技志向)向けアイアン” 「i230」と「iクロスオーバー」が発売。

PING(ピン)が、なんと4年ぶりに「i2~」シリーズを発売する。

この4年という月日には、もちろん新型コロナウイルスの影響もあるかとは思うが、あまりにも長いように思う。ましてや、最も多用途であるアイアンに対して。

それはともかく、基本的にPINGに関してはあまり大袈裟な表現はできない。なぜなら、今回もPINGはきっちりと性能を改善してきた。

そして、これまたいつも通り、美的洗練についても語りたいところだが、他社とは違い典型的なPINGの手法として派手な宣伝はせず、製品そのものに語らせることを選んでいる。

常に控えめなメーカーにもかかわらず、ゴルファーからの注目度は常に高い。

今回PINGは「i230」を“誰もが使いこなせる上級者(競技志向)向けアイアン”と表現している。「i230」がPINGのラインナップの真ん中に位置することを考えると、この表現は適切だ。

さらには、上級者向け(競技志向)と中級者(スコア改善型)向けの境目に近づく、もしかしたらまたがる製品のようにも思える。

「i230」のデザイン上、全体的な形状に大きな違いはないが、「打音」と「打感」の向上に対して「i230」を語るうえでは欠かせない。

もちろん今回の「i230」アイアンも、最も打感が良いアイアンだと思うくらいに仕上がっている。 そう思う理由として、一つはテクノロジーの向上にある。では、どのような進化を遂げたのか、性能面をチェックして見よう!

PING「i230」アイアンの改善点と新構造
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい