テーラーメイド「BRNRミニ(バージョン2)」ドライバーがUSGA適合リスト入り

テーラーメイド「BRNR Mini(バーナーミニ)」ドライバーのニューモデルがUSGA適合リストに掲載された。

昨年(2023年6月)に発売されたレトロモダンなテーラーメイド「BRNR Mini(バーナーミニ)」ドライバーは、ミニドライバーとしては初の『可変式ウエイト』を搭載したモデルだった。

そして今回、モデル名も同じ「BRNR Mini(バーナーミニ)」ドライバーの「バージョン2」がUSGA適合リストに掲載された。

ミニドライバーはニッチな製品カテゴリーだが、現在ミニドライバー市場を独占しているのはテーラーメイドであることもまた事実。

しかし、先月タイトリストが「TSR4」に似ている「TSR」ミニドライバーをUSGA適合リストに掲載したばかり。

タイトリスト内部では、より簡単、あるいは最低限、真っ直ぐ飛ばすことが簡単な短いシャフトのドライバーに興味を抱いていたのだ。

そしてついに、このカテゴリーに進出。なお同社の情報筋は、これがプロトタイプであること以外の詳細を明らかにしていない。

ミニドライバーは万人向けではない。確かに、ドライバーの代わりとなる万能クラブだ。とはいえ、このミニドライバーにおいて、飛距離の最大化は特にスピン量が多い人にとっては想定されていないだろう。

その一方で、フェアウェイキープ率が高くなることは悪いことではない。実際に昨年のミニドライバーは非常に人気があった。 では、掲載された画像内で分かることをお伝えしよう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい