ふわりと浮かせる名器となるか?クリーブランド「RTX FULL-FACE」ウェッジ

クリーブランド「RTX ZipCore」ウェッジが「フルフェース・グルーブ(フェース全面に施した溝)」で登場

これまでもフルフェース・ウェッジには、ちょっとしたブームがあった。ピンや「Eye 2」など…。しかし、フルフェースを再び流行らせたのは、2015年にオリジナルの「PM Grind」を発表したキャロウェイだろう。

それからというもの、テーラーメイド、ウィルソンなども追随し、昨年初頭にはクリーブランドが「Full-Face CBX」でこれに割って入った。そして、「RTX」の投入。機は熟したというわけだ。

クリーブランドのライアン・ポランコGMは、「『CBX』を市場に投入したことで、明らかにフルフェースの需要があることが分かった。そして競合よりも何ができるのかを考えることができた。」

「『ZipCore』テクノロジーのおかげで、伝統的な形状をキープすることができたし、ハイ・トウウェッジのように見せる必要なく、ハイ・トウのパフォーマンスを実現することが可能になった」と胸を張った。

ハイ・トウのフルフェース・ウェッジは、ロブウェッジとして一番使い勝手がある。クリーブランドでは「RTX Full-Face」ウェッジを「フロップショット(ロブショット)・マシーン」とアピールしている。

実際にこのウェッジの58度で8ラウンドほどプレーしたが、タイトなライからのバンカー越えのフロップショット(ロブショット)を上手く“浮かす”ことができ、まさにその通りと感じた。グリーン周りやバンカーから信頼できる武器となってくれたので、しばらくこのウェッジを使う予定でいる。

フルフェースのウェッジに興味があるなら、間違いなく「RTX FULL-FACE」ウェッジは注目したい一本になるだろう。是非チェックしてほしい!

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

注目の一本 クリーブランド「RTX FULL-FACE」ウェッジ
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい