パターに「AI」を注入!オデッセイ新作パター「Ai-ONE」

オデッセイがAI設計のフェースインサートを新しい「Ai-ONE」と「Ai-ONE MILLED」パターシリーズに搭載。

今回オデッセイの新作パターで注目なのは、新しい「AIテクノロジー」を搭載していることだ。このテクノロジーは、この10年において最も重要といえる。

課題解決に「AI」を使うことは、ゴルフ業界だけでなくよくあること。実際、キャロウェイは「AI」をドライバーのフェーステクノロジーに数サイクルに渡り採用してきた。

2019年の「エピックフラッシュ」に搭載したフェース構造の開発前にキャロウェイが15,000通りに及ぶフェース構造を試すことができたのも、この「AI」のおかげ。

「AI」がなければ、開発陣がそこまで多くのドライバーフェースを設計することなどできないはずだ。

今回オデッセイが取り掛からなければならなかったことは、ゴルファーが「パットでどんなミスをし、ミスした時に何が起きるのか」を特定して、その課題の解決法を見つけることだった。

そしてオデッセイは、全データを分析し「スピードコントロールこそがパッティングを成功に導く重要な指標」であると判断した。

そこで開発陣は、「AI」を用いてフェース全体の初速のバラつきを最小限に抑えるフェースを開発し、こうして生まれたのが「Ai-ONE」と「Ai-ONE MILLED」パターに搭載された新しいインサートというわけだ。

この「AI」パターが優れているかの証明は、新しいパターが今のものよりも優れている時だけ乗り換えるツアープロ、特にジョン・ラームやサム・バーンズのようにパットが上手いプロのパターをチェックして見るのも良いだろう。 だがその前に、まずはオデッセイ新作「Ai-ONE」パターのラインナップを見てみよう!

オデッセイがここまで進化を遂げて来た!大袈裟ではなくコレは凄いこと!!
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい