キャロウェイ新作「パラダイム Ai SMOKE」ドライバー誕生!

リアルスイングデータより生まれたキャロウェイ「パラダイム Ai SMOKE(エーアイスモーク)」ドライバー4モデルをチェック!

待ちに待ったキャロウェイ2024年モデルのドライバー情報が明らかとなった。いったい新作「パラダイム Ai SMOKE(エーアイスモーク)」はどのようなドライバーなのだろうか?

どうやら、キャロウェイの2024年モデルは競合他社と比べて異質であり、恐らく実に面白いものになりそうだ。

これまでキャロウェイは、ロボットテストによるデータを収集し開発に取り組んできた。だが今回は、同社のフィッティング施設でエンジョイゴルファーからPGAツアープロまでの、約25万ものスイングデータを収集したのだ。

キャロウェイは、AIと機械学習を活用して、実際ゴルファーがどのようにスイングしているかをより現実的なものにできれば、そこから生み出された製品はすべての人にとってより良い結果をもたらす可能性があると考えている。

しかし当然、これに取り組んでいるのはキャロウェイだけではない。ゴルフのデジタル時代が進むにつれ、業界最大手ブランドはロボットへの依存を減らし、代わりにゴルファーという人間から大量のデータを取得してモデル化するためにコンピューターの処理能力を活用している。

だが、キャロウェイは「AI」に対する取り組みを続けている中で、その能力を大幅に向上させてきた。

今回、キャロウェイお馴染みの『JAILBREAK(ジェイルブレイク)』 テクノロジーは搭載されていない。いったいその理由は何だろうか?

そして、気になる『マイクロディフレクション(無数のたわみ)』やキャロウェイが「スイングコード」と呼ぶものいったい何か? とにかく、その点も合わせて「パラダイム AI SMOKE(エーアイスモーク)」ドライバーを詳しく見ていこう!

キャロウェイ「パラダイム AI SMOKE」ドライバーの抑えておくべきこと!
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい