シンプルなルール、時短プレーでゴルフを変えよう~ルール改正①

ゴルフ人口が世界的に減り続ける中、競技ゴルフの大本営・R&Aと米国ゴルフ協会(USGA)が2019年1月1日より、新しいルールを導入します。

「ゴルフって時間とお金がかかるよね」「ルールや訳の分からないマナーが多くて、年長者からいろいろ言われるのがウザイ」など、若いゴルファーから敬遠される理由の一つが難解で複雑なルール。

今回の100年に一度と言われるルール改正は、ゴルフというゲームの本来の楽しさを追求できるシンプルで分かりやすい規則にするためのものです。

どんなスポーツにもルールはありますが、ゴルフは審判のいないスポーツ。正式な競技であれば競技委員が裁定しますが、セルフプレーであれば基本的なルールを正しく記憶して、自身で判断することが求められます。であるならば、ルールはシンプルなほうがいい。ゲームの進行もよりスムーズになるというわけです。

そこで、日本ゴルフ協会(JGA)のホームページに掲載している「新しいゴルフ規則:主な変更点」より、現在のルールから新しいルールではどう変更されるのか、予習していきましょう。

<打順は準備ができた人から>

ゴルファーで一番嫌われるのはスロープレー。時間短縮という意味で、プレーのペースの改善がテーマとなっています。

これまでのルールでは1ストロークに費やす時間の規定はありませんでしたが、新ルールでは、各ストロークを40秒以下で行うことを推奨しています。

目標を定め、ボールに正対(アドレス)し、ボールを打ち抜くまでの時間が40秒。かなり余裕があるように思えますが、何度も素振りやワッグルを繰り返したり、アドレスで固まってしまうと、あっという間にタイムオーバーになるのではないでしょうか?

流れるようなルーティーンで、スムーズなスイングでショットできれば、見た目にもスタイリッシュだし、スコアアップにもつながりそうです。
多くのアマチュアゴルファーの間で論議を呼びそうなのが、「時間節約のために打順を変えてプレーすることを推奨します」の一文。これはレディー・ゴルフという基本概念であり、準備ができた人から打っていく。レディーは淑女ではなく、レディー・ゴー(準備ができたら行こう)という由来です。

従来、ゴルフは1番ホールで打順を決めたら、2番ホール以降はティーインググラウンドでは、前のホールのスコアが良かったプレーヤーから打つことになっています。

ところが新ルールでは、打順1番のプレーヤーがいつまでもティーインググラウンドに現れず、タバコを吸っていたり、ドリンクを飲むなどしている場合、2番目以降の選手が打ってもよいことになりました。

簡単に言うと「もたもたするなよ」ということです。

打順の間違いは現行ルールでもマナーの問題であり、ペナルティーはありません。しかし接待ゴルフなど、会社の偉い方々とのラウンドの場合、年配で偉い方がゆっくりしたペースでティーインググラウンドになかなか現れないからといって、「先に打ちます」とは言えません。

ティーインググラウンドでの打順は、良識の範囲内で「お先にどうぞ」とお互いが声をかけあう必要がありそうです。

2打目以降も同じで、現行ではホールから遠いプレーヤー、つまり飛んでいない人から打つ(セカンドオナー)のが常識ですが、新ルールでは、ホールから遠い選手がクラブ選択などで「もたもた」している場合、「打ちます」と宣言して打ってもよいことになりました。これは仲間同士のプライベートラウンドであれば、すでに広く行われていることと思います。

<ピンも刺したままで大丈夫>

グリーン上の旗竿(ピン)も、現行ルールでは、グリーン上でパットしたボールが、グリーン上に置いてある、あるいは刺したままのピンに当たるとペナルティーとなります。なんと2打罰にもなります。納得いかないですね。

とりわけセルフプレーでは、面積の広いグリーン上で4人がそれぞれピンから遠いところにグリーンオンした場合、だれかがピンまで歩いて行き、ピンを外してアテンドしなければならない。これは面倒で、確かに時間がかかる。

新しいルールでは、ピンを刺したままでも良いことになり、仮にピンに当たっても罰打はありません。

紛失球を探す時間も現行ルールの5分から3分に短縮されます。捜索時間とは実際にボールを探し始めてから3分という意味なので、ボールの行方はこれまで以上にプレーヤーが責任を持って確認することが必要になります。

次回もルール改正についてお話します。

(Golf Story編集部)