ミズノ新作「ST-G 220」ドライバー 〜ミズノのチャレンジとその秘策、そして3つの実現!〜

「打音」と「打感」を両立させる?ミズノの新作「ST-G 220」ドライバーをチェック!

先月、今秋デビューするミズノ新作ドライバーとウェッジのチラ見せ情報をお伝えしたが、いよいよ来月「ST200G」の後継モデル、「ST-G 220」ドライバーが発売となる。

ミズノといえば、やはりアイアンのイメージが強く、2021年「ドライバーランキング」において、テストした「ST-Z」「ST-X」モデルは、決してお世辞にも良い成績とは言えない。

だが、「アイアンランキング」では、毎年常連とばかりにトップ5入りを果たしており、ミズノ「JPX 921 HOT METAL」は、2021年「中級者向けベストアイアン」に選ばれている。

アイアンにおいては絶対的信頼のあるメーカーだけに、「ベストドライバー」とまでは言わないが、せめて来年は、ランキングの上位グループに入ることを願いたい…。

だが、その願いも叶うかもしれない。なぜなら、今回のミズノは今までとは違うからだ!

「打音」と「打感」を両立させるには控え目に言っても難しいだろうが、今回、ミズノは「ST-G 220」でその両立にチャレンジした。

「ST-G 220」ドライバーは、従来より多くの可変パターンを考慮して設計されている。実際かなり考慮されていると言って良い。

3つの短い「ウェイトトラック」と2つの「ウェイトポート」を搭載しているこの次世代「ST」モデルは、どのようなセッティングにしてもインパクト時の「打感」をキープする。これは、過去のミズノの「可変式」ドライバーでは語れなかったことだ。

そして、何よりも素晴らしいのは、「打音」と「打感」を全く損なうことなく弾道を微調整できるということ。

「ST-G 220」は、「可変式」ドライバー(ニュートラルポジションで出荷される)として、市場にある最も「寛容性」が高い多くの製品と比べてもCOR値とMOIが遜色ない。上級者向けに見えるが、きっとそうではないのだろう。

これは、一桁後半やそれ以上のハンディキャップのゴルファーが、「ST-G 220」をしっかりチェックすべき十分な理由と言える。

ミズノの新作「ST-G 220」ドライバーの性能テスト結果は、来年の「ドライバーランキング」での発表となるが、きっと良い報告ができるだろう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

ミズノ最新「可変式ウェイト」ドライバー「ST-G 220」の秘策とは?
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい