子どもをプロゴルファーにするために、親がするべきたった1つのこと

私がゴルフを「ゲーム」と呼ぶのは、父がいつも「ゴルフはただのゲームに過ぎない」と言っていたからだ。

子どもをプロスポーツ選手や、オリンピック選手にしたいと思っている親は少なくない。早いケースでは小学校に上がる前の子どもに、1年365日休みなくトレーニングをさせる親もいるという。

私は子どもの頃、どんなスポーツでも1位になることが当たり前、と教えられてきた。それに応えるべく毎日練習に励んだが、期待に応えられなかった時は体罰を受けることもあった。

卒業式にスポーツで活躍した生徒に贈られる賞をもらった時、両親が誇らしい顔をしていたことを今でも憶えているが、その時の私は心も体も疲れ切っていた。

今回の記事は、子どもを育てる親に対するメッセージだ。

子育ての時期は30代から40代までが一般的だが、この年齢の親が子どもを教育するのに十分な人生経験を積んでいるとは言い難い。よって、子育てで間違うことも迷うこともたくさんあるはずだ。

「たった1つの過ちに気づくことで、子どもとの関係は大きく変わる」というこの記事のメッセージが、あなたにはどう響くだろうか?
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【親子で「ゲーム」を続けるための秘訣とは…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい