1位・2位は日本メーカー! ~2018 MOST WANTED ユーティリティー~

今年も、「世界で最も大規模かつ公平なユーティリティーの直接対決テスト」が始まる。

一般的なゴルフメディアが行うテストでは、数名のアナリストやプロだけが試打をして、そのクラブの良いところを語る。

ゴルフメディアはメーカーからの広告費で成り立っているので、悪いことは一切書けない。そもそもの構造自体にバイアスがかかっているのだ。

しかもテスターのほとんどが上級者だから、どんなクラブでもそれなりに使いこなすだけの技量があるが、メディアを見ているのはほとんどが平均的なアマチュアゴルファーであることを考えると、そのクラブ選びに役立つとは考えにくい。

その点で、MYGOLFSPYの「MOST WANTED」は本当に信頼に値するテストだと思う。そもそもの目的が違うからだ。

特定のクラブを宣伝し販売を促進するためではなく、アマチュアゴルファーにとって本当に役に立つクラブを探すためのデータを収集するためにテストを行っているのだ。

ヘッドスピードやハンディキャップが異なる20名のテスターが参加し、100時間以上かけてテストをしている。一般的なゴルフメディアのテストとは似て非なるものだ。

今回の「MOST WANTED」は、2018年モデルのユーティリティーのテストだ。

ユーティリティーはドライバーとは違って飛ばすクラブではないので、球の上がりやすさや方向安定性を謳うクラブが多い。飛距離のようなシンプルな要素でないため、ドライバーに比べて自分に合うユーティリティーを探すのは難しいと言えるが、この記事を読めばきっとロジカルな解答が見つかるだろう。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

【ユーティリティーのテスト結果は?…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい