抜けが良くイメージ通りにボールが飛ぶ!?テーラーメイド「ハイ・トウ3」ウェッジ

「ハイ・トウ 3」ウェッジは、「MG3」で実現する以上のさらなる汎用性をもたらしてくれる。

「形は機能に従う」とはテーラーメイドのビル・プライス氏の好きな言葉だが、まさにその“形”悩みの種にもなり得る。

トウ高ウェッジの汎用性の高さはズバ抜けている。しかしこの「型破りな今っぽい」見た目は、ゴルファーが手にするまでのハードルの高さという犠牲を伴う。

トウが高いウェッジの見た目は微妙だし、その点について異論はない。だが、決してこのウェッジの「見た目」は万人受けしないけど、汎用性を高めたいばっかりに、ちょっとだけ不細工になっていると思うのはどうだろうか。

「ハイ・トウ 3」と一般的な形状の「MG3(ミルドグラインド 3)」シリーズを比べるとわかりやすい。

重心の配置も異なり、弾道も違う。「ハイ・トウ 3」は独自のソール形状で、グラインドも独特。そしてハイ・トウと「フルスコアライン」は、「MG3」で実現する以上のさらなる汎用性をもたらしてくれる。

トウが高いウェッジをセッティングに入れる最たる理由は、結局のところこの汎用性の高さだろう。特にフェースを開く必要がある時に、トウが高いことにより打点が広がる。

バンカーだろうが深いラフ、あるいはベアグラウンドであろうが、どんな場面でも適したショットが打てる。

スピンに関しては、「MG3」とそこまで変わらず、グリーン周りの短いアプローチでもスピン量が増し、濡れたコンディションでもスピンをキープすることが可能だ。

「ハイ・トウ 3」と「MG3」シリーズにおいて2つの異なる性能を実現しているため、組み合わせても良いだろう。

では、「ハイ・トウ 3」の性能と「MG3」との違いを詳しくみていこう。

精度の高いショットを実現、テーラーメイド 「ハイ・トウ 3」ウェッジ
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい