フルチタンに回帰!LSも登場したスリクソン「ZX MKⅡ」ドライバー誕生

今回の新作は、ドライバーテクノロジーの変化もさることながら、“新顔”も登場する。

スリクソン「ZX Mk II」ドライバーは、色んな意味でスリクソンそのものを完璧に反映している。

今回の話は、確かなパフォーマンスや、実際に違いをもたらしてくれる段階的なテクノロジーの進化、そして驚くほどのコストパフォーマンスについて。とはいえ、驚くほどの変化はない。

新ドライバーシリーズは、お馴染みの2モデルと異端な1モデルで構成されている。「ZX5」と「ZX7」は長年に渡る特徴を踏襲しており、「ZX5」が高弾道でより「寛容性」があるモデル、「ZX7」は低弾道で上級者向け。そして新たに登場した「ZX5 LS」は低スピンが特徴だ。

スリクソンは、いつも新製品発表のサプライズが上手い。2年前は「ZX4」の中級者向けアイアン、そして今年は「ZX5 Mk II LS」ドライバーときた。

何々、スリクソンさん、気になるじゃないの。

ドライバー市場において、“上座”の枠は限られている。その枠はテーラーメイド、キャロウェイ、タイトリスト、PING、そして規模は小さいがコブラで、ほぼ埋まってしまっている状況で、他社にとって残された“イス”は希少だ。

挑戦者という立ち位置のブランドにとって、ここに変化を起こすことは不可能ではないが非常に困難。そして、このことは特にスリクソンにも当てはまる。

「日本のメーカー、そしてリスク回避型企業として、適当なアピールはしない」とスリクソンのR&Dバイス・プレジデントであるジェフ・ブランスキー氏は語る。

「しかし、今回のドライバーは、マスターズでも全英オープンでも勝っているし、LPGAのメジャーでも3勝した。ツアーでは十分に実証済みだ」。

スリクソンによれば、現在のケプカはツアー限定の「ZX7」低スピンモデルを使っているようだが、クラブにうるさい松山英樹は新しい「ZX5 LS」を気に入ったようで試合に投入したという。

徐々に進化した技術力の改良により、良いドライバーは生まれるのだろう。

見よ!これがスリクソンのやり方だ!!
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい