2試合で54アンダーってなに!? – 雑草リモートゴルファーの徒然日記Round92

世界ランク3位のジョン・ラーム(スペイン)が熱い。前シーズン優勝者のみ参加できるPGA TOUR開幕戦と、3戦目のアメリカン・エキスプレスを圧倒的な強さで制覇。2試合(8ラウンド)で54アンダーというとんでもないスコアで、2023年シーズンのスタートを切りました。

ラーム選手は昨年からカウントすれば、アメリカン・エキスプレスまでの6試合で4勝を挙げました。コンパクトなバックスイングから繰り出す320ヤード前後のドライバーは、方向性も抜群。ピンを狙うウエッジゲームは確実性が高い。グリーン上でもボールの転がりが素晴らしく、10㍍以上のロングパットからショートパットまで安定しています。

今季は異次元のゴルフでメジャー2勝目を狙うラーム

ここでラーム選手のこれまでの軌跡を振り返りましょう。

ラーム選手(28)はスペイン・バスク州ビスカヤ県出身。学生ゴルフの名門・アリゾナ州立大の出身で、在学時に同校卒のレジェンド、フィル・ミケルソン(米)の16勝に次ぐ11勝を挙げる成績を残しました。カレッジゴルフ界の最高峰ベン・ホーガン賞を2015、2016と連続で獲得し、足かけ計60週間、世界アマランキング1位の座を守りました。

2016年の全米オープン後にプロ転向し、翌年1月のファーマーズ・インシュアランス・オープンでPGAツアー初優勝を飾りました。2021年にはスペイン人として初めて全米オープンを制覇しました。2022は欧州ツアーなどで3勝を挙げましたが、4大メジャーではいずれもトップ10外で、今季こそはメジャー2勝目を狙いたい。

ラームのショートゲームはミケルソンのようにクリエイティブ

ラーム選手はアメリカン・エキスプレスで優勝後、こう話しています。「体調もスイングもいい感じで、過去にもこんな感じの状態で試合に出ると、優勝に手が届く。イメージしたショットが打てているので、余計なプレッシャーがないからだと思う」。

187㌢、99㌔。見るからに下半身が安定し、スイングにブレがない。さらにショートゲームでの柔らかさは目を見張るものがあります。8ラウンドで54アンダーということは、ラウンド66前後。凄すぎます。ラーム選手のスイング解説動画を参考に、練習のモチベーションを上げたいと思います。

時田 弘光

~No Golf No Life~
数年前まで真剣に競技ライフを送ってきた雑草勤め人ゴルファー。現在はおひとりさまゴルフなどで、自堕落でゆるいラウンドを楽しんでいます。そろそろドライバーで200㍎の壁が見えてきた57歳。

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい