ドラマてんこ盛りのマスターズ最終日 – 雑草リモートゴルファーの徒然日記vol.53

今季メジャー初戦のマスターズ最終日は、昨年に続き記憶に残る試合となりました。世界ランク1位のスコッティー・シェフラー(米)のメジャー初制覇。最終ホールでは、ロリー・マキロイ(英)と、コリン・モリカワ(米)がグリーン手前バンカーから、2人とも奇跡的なチップインを決めてバーディーフィニッシュ…体調不良ながら連覇を目指した松山英樹のパープレーも立派でした。

☆妻とキャディーのサポートで6戦4勝☆

2位のキャメロン・スミス(豪)に3打差をつけて迎えた最終日。いかにも屈強な大男は、スタート前、それまで経験したことのないストレスを感じていた。マスターズ最終組のスタートは他のトーナメントより1時間以上も遅い午後2時50分。「朝は赤ん坊のように泣いた。心の準備がまったくできていなかった」とシェフラー。

学生時代に全米オープンに出場するなど最終日の緊張感は経験していたが、オーガスタは別物。消化不良に悩まされ最終日を迎えたが、精神安定剤の妻と話し合い、「結果は神のみぞ知る。きょうが自分の日であるなら、そうなるはず」と心に決めたそうです。

優勝会見で妻をMVPと語ったシェフラーですが、オーガスタ攻略のマネージメントは、過去にバッバ・ワトソン(米)を2度のグリーンジャケットに導いたキャディー、テッド・スコットによるところが大きい。「彼はオーガスタを知り尽くしている。どこに外せばいいか、どこからなら寄るか、彼のマネージメントのおかげで、今週はチップショットが良かった」。

攻撃的なスミスが連続バーディースタートで、1打差まで迫ると、シェフラーは3番パー4でドライバーを大きく曲げた。しかしピンまで約30㍎の3打目をチップインバーディーとすると、スミスは3、4番を連続ボギー。序盤からリードを広げたシェフラーが優位に試合を進めました。最終ホールの4パット・ダボフィニッシュはご愛敬。2月のフェニックス・オープンから6戦4勝の快進撃で、念願のグリーンジャケットに袖を通しました。

☆マキロイとモリカワが劇的なフィニッシュ☆

最終日最終ホールで最もパトロンを沸かせたのが、マキロイとモリカワ。マキロイと言えば2011年のマスターズ。2位に4打差で迎えた最終日に80を打つ大失速で、いまも4大メジャーではマスターズだけ未勝利のままです。

最終日のマキロイはこれまでのうっぷんを晴らすようにノーボギーのゴルフ。18番はグリーン右手前のバンカーから26㍎をグリーンの傾斜を使ってカップイン。マキロイが「こんな大きな歓声は聞いたことがない」と驚くほどの大歓声が起きました。

ドラマはまだ終わりません。同じバンカーから打った同組のモリカワの3打目はピン真っ直ぐに転がり、そのままカップに吸い込まれました。そしてさらに大きな歓声。「こんなクールなフィニッシュある?」とモリカワも興奮気味。結果的にマキロイは8アンダー64でシェフラーに3打差の2位。モリカワも67で回り、5位で4日間を終えました。決勝ラウンドはペアでプレーするマスターズ。若き2人のメジャーチャンプが相乗効果で素晴らしいドラマを見せてくれました。

☆悔やまれる3日目☆

松山選手が歴代のレジェンドたちと最前列に並んで記念撮影に納まったチャンピオンズディナー。日本食は大好評で、ホストとしての大役を見事に果たしました。お疲れさまです。考えてみるとすごいことです。松山選手はこれから毎年、開幕前のオーガスタでレジェンドたちとディナーを取ります。将来、TBSの解説席に松山選手が座ることになると、「昨晩のディナーはなかなかでした」なんてコメントするのでしょうか。

さて約1か月前に痛めた首の痛みは、トレーナーによるケアのおかげで痛みなどの症状は出なかったといいます。予選ラウンドはショートゲームに冴えを見せ、3アンダーの2位タイで決勝ラウンドに進みました。しかし第3ラウンドはカップに嫌われ、苦しいラウンドとなりました。同伴のハロルド・バーナー(米)も大荒れで、お互いが負の相乗効果に陥ったようでした。

今年もオーガスタが多くのドラマを運んでくれました。個人的には交通事故から17か月ぶりに公式戦に復帰したタイガー・ウッズのプレーに感動しました。中島常幸プロも放送席で興奮していましたが、オールドファンにはタイガーの存在感は圧倒的です。予選ラウンドは満足にしゃがめない状態ながらも素晴らしいショットを見せてくれました。右脚の痛みが消えた後にトレーニングを再開するといいます。今後もタイガーの出場試合には注目したいと思います。

時田 弘光

~No Golf No Life~
数年前まで真剣に競技ライフを送ってきた雑草勤め人ゴルファー。現在はおひとりさまゴルフなどで、自堕落でゆるいラウンドを楽しんでいます。飛距離に難のある56歳。

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい