キャロウェイの”持てる最高のテクノロジーを結集”した「エピックスーパーハイブリッド」

キャロウェイの「エピックスーパーハイブリッド」は、“ドライバーのDNAと技術を備えたハイブリッド”と呼ぶに相応しい多くの機能と利点を持ち合わせている。

初代の「エピックドライバー」と、その派手なグリーンの“2本の柱”『ジェイルブレイクテクノロジー』を覚えている人も多いだろう。2017年、我々はこれがキャロウェイの後継モデルの基礎テクノロジーになるだろうと示唆した。

それから4年が経ち、多少の微調整は施されているものの、『ジェイルブレイク』のコンセプトは未だ健在。

キャロウェイは「エピックスーパーハイブリッド」を“ハイブリッドの姿をしたドライバー”と位置づけている。

キャロウェイがユーザー心理に訴えかけようとしている点はある程度評価できるし、かなりの部分で理にかなっていると思う。

「エピックシリーズ」は、過去3回のドライバーランキングのうち2回トップを獲得している。これらの事実こそが「ハイブリッド」というカテゴリーで業界をリードする性能の裏付けでもある。

キャロウェイが最初に手掛けた「スーパーハイブリッド」では「上級者」が求める特性に焦点を当てていた。しかし今回のターゲットは、「飛距離を重視した大型のハイブリッド」を求める、「中~低ヘッドスピードのゴルファー」のようだ。

「エピックスーパーハイブリッド」は、決してコンパクトではない。むしろ「大きい」と主張する人もいるだろう。しかし、最終的に重要なのは性能だ!

キャロウェイは、用途が異なる2つのモデルを創り上げた。では、その性能や特徴を見てみよう!

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

“ハイブリッドの姿をしたドライバー”「エピックスーパーハイブリッド」
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい