キャロウェイ「クロムソフトX」は55億円の投資に見合う品質を実現したか?

男子プロツアーで使用率No.1のキャロウェイ「クロムソフト X」ゴルフボールの品質を調査。果たして、真の価格はいくら?

「クロムソフト X」の最も注目すべき点は、男子プロツアーでの使用率がNo.1だということ。にもかかわらず、小売市場では「クロムソフト」に比べて人気がやや劣る。

さらに、「クロムソフト X」の前モデルは中弾道、高スピンという特性を持っており、2021年『ゴルフボールテスト』で最高の飛距離を誇っている。

これまで、私達が3年に渡って実施してきたゴルフボールの「品質」と「一貫性」の調査で、キャロウェイのゴルフボールの直径サイズと重量に関するいくつかの問題に遭遇してきた。

中でも「同心性」の問題においては、実際製造上のバラツキがひどく、決して“トップレベルの製品”とは言えないものだった。

ゴルフボールで重要なのは、内側にある。明らかにコアが中心からズレている、またレイヤー層に一貫性がなくては、パフォーマンスに影響を与える。

ミスショットをした時に、まずボールが原因だと思う人はいないだろう。ゴルフは難しいスポーツだからこそ、可能な限り一貫性を大事にしたい。

キャロウェイはボール工場の改善を続け、ゴルフボールでの№1を目論み、今回製造工場に55億円の投資を行った。

今回の調査結果が、その改善の成果と言えるものになるのか?それとも、まだまだ改善の余地があるのか?

キャロウェイのゴルフボールを使っているゴルファーは、もちろん気になるところだろう。

では、2022年キャロウェイ「クロムソフト X」ゴルフボールの調査結果を見てみよう。

キャロウェイ「クロムソフト X」の品質と真の価格はいくら?
続きを『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい