業界で最も薄いカバーのスリクソン「Z-Star」ゴルフボールを調査

業界で最も薄いカバーのスリクソン「Z-Star」ボールの品質を調査した。ボールの真の価格と小売価格にどれだけ差があるのか?

先日スリクソン「Q-Star Tour」をレビューしたばかりだが、多くの読者が同社のツアーモデルのテスト結果に関心があるようなので、今回のボールラボは、スリクソン「Z-Star」を取り上げることにした。

スリクソン「Z-Star」は、3ピース構造のウレタン「ツアーボール(PGAツアー)」カテゴリーに入る。定期的にPGAツアーでプレーされるボールだ。

主流のツアーボールの価格が1ダース45ドル以上するなか、スリクソンの主力製品であるZ-STAR/Z-STAR XVは39.99ドルで販売している。

大手メーカーが1ダース39.99ドルのツアーレベルのボールを発売したら、市場が大混乱に陥り、タイトリスト、キャロウェイ、ブリヂストンはその対策に奔走することになるだろうと、それこそが、当初スリクソンが計画していたことだった。

価格を下げて以来スリクソンのシェアは伸びているが、依然として他社を追いかけている状況だ。

「Z-Star」は、全体的に大きなコア(ボールスピードを上げるため)と、薄いウレタンカバー(スピン量を増やすため)を組み合わせている。

スリクソンによると、「Z-Star」のカバーは競合他社のカバーより40%以上薄いという。しかし、カバーが薄くなるとスピン量は増えるが、耐久性が問題になってくる。

今回テストしたサンプルボールはすべて、日本のスリクソン工場で製造された製品だが、以前テストした「Q-Star Tour」はインドネシアの同社工場で製造されているため、両者の品質に差があるのか興味深いところ。

果たして「Z-Star」は、「Q-Star Tour」と明らかな品質の差があるのか?また、業界で最も薄いカバーに問題や欠陥は見つかるのか?では結果を見ていこう。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

スリクソン「Z-STAR」のテスト結果!『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい