本当にお買い得?最も安価なウレタンボールの品質は? コストコ「カークランド パフォーマンス+V2」3ピースボールを調査

コストコ「カークランドPerformance+V2(パフォーマンス+V2)」の「品質」は、初代モデルから改善されたのか?その全容を見ていこう。

コストコの「Kirkland Signature(カークランド シグネチャー)」と言えば、タイトリストの「プロV1」を超えた!?とも言われ、瞬時に完売した伝説の「カークランドシグネチャー」4ピースボールや、「不良品」に対する払戻しをした「カークランドシグネチャー・パフォーマンスワン」4ピースボールなど、ボール市場における新参者は何かと世間を騒がせた。

コストコは、ボール市場だけに留まらず、2020年にはCNCミーリング100%のパターがたったの149ドルというスコッティ・キャメロンも驚くような価格で発売した「カークランド シグネチャー KS1」パターは、なんと2週間で3度も完売した。

コストコが本気でゴルフ用品業界に参入しようとしているという声もあり、その後「カークランド シグネチャー」ウェッジを発売。ウェッジに関しては「性能テスト」及び「ウェッジランキング」を見てもらうとその結果は明らかなので、そちらを参考にしてほしい。

ここまで、コストコ「カークランド シグネチャー」について簡単に説明したが、どれもコストコファンには必見の内容となっている。

そして、今回取り上げるのは、カークランド「パフォーマンス+V2」3ピースボールの「品質」と「一貫性」についてだ。

世間では、初代カークランドボールに引けを取らない4ピースボールを待ち望んでいると思うが、以前から指摘されている「品質問題」が改善されたのか?は気になるところだろう。

今回の「パフォーマンス+V2」3ピースボールが、どのような結果を出してくれるのか、非常に楽しみでならない。

カークランド「パフォーマンス+V2」の品質結果と共に、他のモデルと比較ができる「ボール品質比較ツール」も是非参考にしてほしい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

カークランド「パフォーマンス+V2」ボールの真の価格は?
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい