キャロウェイの新たな武器”スピンマシーン”「JAWS FULL TOE(ジョーズフルトゥ)」ウェッジ

キャロウェイゴルフの新作「JAWS FULL TOE(ジョーズフルトゥ)」ウェッジは、「PMグラインド」にはない「見た目」とフルショットでの多彩性がある。

キャロウェイ「JAWS FULL TOE(ジョーズフルトゥ)」ウェッジは、2019年の「PMグラインド」シリーズのアップデート版。フェース全面に溝があり、ソールを改良、さらに形状がスリムになって登場。

2019年の「PMグラインド」は、競争が激化するにつれ、進化を余儀なくされたキャロウェイが、伝説のウェッジデザイナー、ロジャー・クリーブランドとフィル・ミケルソンのコラボレーションによりリリースされた。

このモデルの焦点はミケルソンが考える「すべてのゴルファーのニーズを満たす3つのショット」を簡単に打てるようにすることにあった。

しかし、今になってキャロウェイのウェッジR&Dシニアマネージャーのパトリック・ドーソン氏は、「『PMグラインド』は、より特殊なウェッジだった。幅広い層には全然フィットしていなかった」と話している。

「PMグラインド」の全体の形状は、「慣れ」が必要だった。さらに、グリーン周りでのアプローチで非常に有効だったが、フルショットのような場面ではそこまでではなかったのだ。

これらを踏まえ、ドーソン氏は、「今回の『JAWS FULL TOE』はフルショットで使えるウェッジになる。『PMグラインド』はどちらかと言うと特化し過ぎていたんだ」と述べた。

キャロウェイによれば、今回の新作は50ヤードから100ヤードで前作よりも、より武器になるという。

では、「PMグラインド」でよく聞かれたマイナスポイントは、どのように改良されたのか?新作「JAWS FULL TOE(ジョーズフルトゥ)」ウェッジの改良点、また性能や特徴について詳しく見てみよう!

・・・参考までに、キャロウェイでは6月下旬の「ロケット・モーゲージ・クラシック」で「JAWS FULL TOE」を契約プロに手渡し、そのうち8名がすぐにこのウェッジを使うことを決めたのだそうだ。果たしてその性能やいかに?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

「PMグラインド」と「JAWS MD5」を融合?新たな武器“スピンマシーン”をチェック!
『MYGOLFSPY JAPAN』で読む

関連キーワード


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

あわせて読みたい