抜群のやさしさの「TSi2」か。突き抜けるような弾道「TSi3」か。 タイトリスト「TSi」フェアウェイウッド ~あなたはどちらを選ぶ?~

「TSi2」か「TSi3」を決めるポイントは「やさしさ」か「操作性」。それとも、斬新な「可動式ウェイト」テクノロジーか。

今回の「TSi」フェアウェイラインナップには、再び2つのモデルが登場する。

フェアウェイウッドにもドライバーに使用した新素材「ATIチタン425」を期待していたという人がいたら、残念ながら「TSi」フェアウェイウッドのフェースには、「465ステンレス鋼」が使用されている。特に斬新なものはないが、機能としては十分に果たしていると言えるだろう。

「TSi2」フェアウェイウッドは、シャローなフェースやアドレス時の投影面積の大きさが特徴。2つのフェアウェイウッドの中でも打ち出しが高くやさしいタイプだ。

タイトリストによると、重心は低深部設計だという。だが、競合の中にはテーラーメイド「SIM MAX」があるため、「打ちやすさ」を一番に求めるなら、その希望を最も叶えてくれるのは「TSi2」フェアウェイウッドであるということは知っておいた方が良い。

一方、「TSi3」は、タイトリストが『Tour Shape(ツアーシェイプ)』と表現しているものの一つとして、なめらかなトゥの形状がある。

「TSi3ドライバー」と同様に、これは実際に開いていなくてもフェースが開いているように見せることが目的であり、フェアウェイウッドが得意なゴルファーやアグレッシブスインガーなら、おそらく「TSi3」フェアウェイウッドを気に入るのではないかと思う。

「TSi3」フェアウェイウッドの目玉である、『可動式ウェイト』も魅力だ。

「TS」の場合と同じように、「TSi3」ドライバーが合っているからといって、「TSi3」フェアウェイウッドがフィットするとは限らない。

あなたは「やさしさ」か「操作性」、どちらのフェアウェイウッドを選ぶ?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【タイトリスト「TSi」フェアウェイウッドに注目!!
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。