タイトリスト AVXボール ~第三の選択肢~

AVXは、「Alternative」(オルタネイティブ)のA、「Pro V1」のVと「Pro V1x」の
Xの略。「Pro V1」でも「Pro V1x」でもない第三の選択肢として誕生した。

タイトリストはプロ使用率、そしてボール市場シェアNO.1を背負い続けるブランドだ。価格もさることながら、ゴルファーの期待も大きく、常に進化し続け、タイトリストのボールを使うゴルファーが求めるものを創り続けなくてはならない。

しかし、ボール市場は変化しつつある。キャロウェイのクロムソフトの人気が急上昇したことにより、タイトリストはクロムソフトに対抗するボールを創る必要があったと感じていた。

キャロウェイだけではなく、昨年からテーラーメイドはグラフィックがド派手なPIXボールをラインナップに追加。そして新たに今回TP5 PIX(ピックス)ボールを発売した。更に、テーラーメイドはタイトリストから『リッキー・ファウラー』を引き抜いたのだ。

今回のAVXボールはさらに良いソフトなボールを作るというのは最低ライン。性能と品質で競合に勝りつつも、好みでボールを決めるゴルファーにもアピールできるボール。その結果として生まれたのが『AVX』だ。

AVXで興味深いことは、クロムソフトの対抗馬となるものの、タイトリストがそのフィーリングについてほとんど触れていないことだ。AVXが柔らかくないということはない。

競合他社の同等コンプレッションボールに対して、タイトリストは性能面で圧倒的に優れていると確信しているのだ。

AVXは、タイトリストの3つあるプレミアムボールの中で、一番ソフトで一番スピンがかかるローコンプレッションボール。

日本で初めて発売となるAVXの飛距離、スピン量、そして打感は?

「Pro V1」と「Pro V1x」の代わりとなるボールとして、両モデルを使ったことがないタイトリストユーザーに向けて誕生した『AVX』は、どんな評価を受けるだろうか?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【AVXに求められた性能とフィーリングとは?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。