日本シャフト「ZELOS(ゼロス)」 ~『STEEL FOR LIFE LITE-永遠に軽量スチールを』~

年齢的にスチールを諦めたいけど、カーボンは使いたくない?日本シャフトにはとっておきの軽量スチール「Zelos(ゼロス)」がある。

日本シャフトは、1959年の創業以来「Steel For Life(永遠にスチールを)」を掲げている。

1999年の「950 GH」を機に、「軽量スチール」の開発に乗り出し、業界初の100グラム未満の定重量スチールシャフトとして注目を浴び、それ以来、多くの軽量商品を世に送り出している。

2013年に発売された「Zelos」ラインでは、シャフト界で最も軽いスチールシャフトとして最高潮に達したが、同時に「Zelos」の登場によって、多くの疑問が生まれることになった。

1つ目は明らかで、軽量スチールは、基本軽量カーボンのウェイトと同等なことから、軽量を使いたいなら、『カーボン』を選べばいいのではないか?という疑問だ。

そしてさらに追及すると、68~84グラムのスチールシャフトはどのようなフィーリング、プレー性能を持つのか?プレミアム軽量カーボンシャフトと機能的に異なる点は?など、どんどん興味深い疑問が出てくる。

そのごもっともな質問に、今回日本シャフトが回答してくれた。

明らかに「Zelos」のターゲットは、シニア、ジュニア、そして女性だが、重要なのはヘッドスピードなので性別は関係ない。

また、思い込みによって合わないフレックスでプレーしてしまうことがあるが、軽量ウェイトに変えることにより得られる本来のメリットさえも遠ざけてしまう可能性がある。

「パフォーマンスの違いや改善が見られれば、それを試してみるだけではなく、これまで使用してきたシャフトが少し重すぎたことに気づくだろう。」と(日本シャフトの福田氏)

皆さんは、軽量シャフトを試したことはあるだろうか?「軽量スチール」と「軽量カーボン」の違いを理解しているだろうか?

きっと興味深い答えが見つかると思う。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【永遠の「ZELOS(ゼロス)」
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。