2020年 スパイクレスシューズ ランキング ~25モデルの中から選ばれたNO.1スパイクレスはコレだ!!~

スパイクレスシューズを選ぶことは、“妥協する”ことを意味したが、そのような時代はもう終わった。

トラクション(グリップ力)機能が劣る靴では最高のゴルフはできない。いいプレーには、「トラクション」がマストだが、本当か否か、スパイクレスシューズのトラクションはさほど優れていないと言われる。

スパイクレスは、従来のスパイクシューズよりも「安定性」に欠ける傾向がある。これは、初期のスパイクレスシューズが、「快適さ」に加えて足の「動きやすさ」を可能にすることが目的だったため、意図的に安定性を犠牲にしてきた。

しかし今では、「安定性」を兼ね備えたスパイクレスオプションを揃えることは常識になっている。

現在スパイクレスシューズの人気が高まっており、最近では、スパイクよりもスパイクレスシューズを履くゴルファーの方が多いように思う。

今回は、スパイクレスシューズ25モデルの「安定性」「快適さ」「素材」「スタイル」「トラクション(グリップ力)」をテストし、そのランキングを発表した。

今年選ばれた最高クラスのスパイクレスシューズは、どんなコンディションにもグリップ力を維持する優れもの。

決して「安定性」と引き換えに「快適さ」を、「スタイル」のために「価格」を犠牲にしていない。トップ10のシューズはどれも、ゴルフシューズに求めるすべてを備えている。

スパイクをお探しの方は、『ベストスパイクシューズ ランキング』を、また“防水100%”のシューズをお探しなら、『人気 ECCOゴルフ S-THREEシューズ』を是非参考にしてほしい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【グリップ力がスパイクにも匹敵するNO.1スパイクレスとは?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。