2020年ベストパッティングマットはこれだ!

新型コロナウイルスの影響もあり、需要が伸びているパッティングマット。購入時に検討すべきこととは?

新型コロナウイルスで自粛の中、ゴルフ練習場はゴルファーで溢れ返っている。ゴルフ人口が減っていく一方で、ゴルフをこよなく愛する者の一人としては、その光景が嬉しい反面、感染リスクを考えると複雑な心境でもある。

止まない雨はない。コロナウイルスも終息していくだろうが、まだまだ先が見えない状況に、今自宅で簡単にセッティングできる『パッティングマット』の需要が伸びている。

だが、おそらく多くのゴルファーは、購入時に“どうせ今だけ”かもしれないと考えるだろう。

その考えに少しでもお役に立てるよう、今回我々は『2020年のベストパッティングマットレビュー』を緊急開催した。

ところで、遅いグリーンと速いグリーン用の練習をしたいと思ったことはないだろうか?マット繊維の目を変えることで、実は両方の練習が可能なマットもある。

今回テストしたマットは11モデル。マットのメーカーや種類によっては、日本発売が無いものや取扱店舗が限られているもの、またインターネットで購入可能なマットもあるだろう。

しかし、マットの特徴や素材の品質、また転がりなどを参考に、自分のニーズにあった使い続けられるパッティングマットを選んでほしい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ショートしないパッティング練習をしよう!
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。