テーラーメイド ツアーレスポンス&ソフトレスポンスボール ~飛ぶソフトボール~

多くのゴルファーがボールに求める特徴は、「自分用に開発されたボール」だった。それに応えるべく誕生したのがこのボールだ。

今年は、飛ぶソフトボールが大人気。

一言でソフトボールと言っても、柔軟性をもたらす素材は全てが同じではなく、飛ばせるものとそうでないものがあるが、タイトリストの「AVX」やキャロウェイの「クロムソフト」と同じように、ツアーレスポンスは、“飛ぶソフトボール”のようだ。

飛ぶソフトボールともう一つ、このボールで大切なことは「価格」だ。

低価格帯ボールは、どのメーカーも明らかな性能を証明することは難しい。特徴としては、アイオノマーカバーを使用しようしているものが多い。

つまり早い話が、アイオノマーは安い分性能は劣る。ウレタンカバーは、優れているが高価格。

日本のウレタンカバーボールの相場は、6000円以上。しかし、ツアーレスポンスはウレタンカバーを使用しているのにも関わらず、価格が4000円程度。

タイトリスト 「ツアーソフト」とキャロウェイ 「ERCソフト」がツアーレスポンスとほぼ同価格であることを考えると、テーラーメイドはこの分野において“価値”のある提案をしていると言えるだろう。

この価格帯のボール市場シェアは、ほぼ横並びと言ってよい。しかし、今回このウレタンカバー使用のこの価格に対し、ゴルファーがどう考えるだろうか?

それだけではない。ゴルファーが求めるものは、グリーン周りのスピン性能であり、アイオノマーカバーでは実現できないことだ。

高価格帯ボールに手を出しにくいアベレージゴルファーにとっては、ウレタンカバーボールを試す、一つの選択肢となるかもしれない。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【あなたは、価格と性能どちらを選ぶ?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。