テーラーメイド 人気パターモデルSPIDER(スパイダー)の新作 「SPIDER FCG」 ~より進化した派生モデル~

テーラーメイドの新作「Spider FCG」パターが登場。前方重心でブレードのような性能とマレットのようなやさしさを実現。

ブレードパター愛用者に、もっと「やさしい」マレットパターを使ってもらおうというのが、ここ数年のパターサイクルのテーマであり、テーラーメイドだけでなく全てのパターメーカーの目指すところでもある。

テーラーメイド「Spider Tour」によって沸き起こったマレットブームに対抗する作戦として、オデッセイは、マレットに『スラントネック』オプションを提供することにより、マレットファンを増やそうとしてきた。

きっかけは何であれ、多くのゴルファーがマレットに突き動かされ、多くのトッププロが、「スラントネック」のスパイダーを使っている。

ローリー・マキロイは「Spider X」、ジェイソン・デイは赤と黒の「Spider Tour」を愛用。

ダスティン・ジョンソンは、「Truss」で試合に勝ったにもかかわらず、パターを「Spider」に戻した。正直なところ、彼の決断には驚いた。

テーラーメイドの新作「Spider FCG」は、従来の「スパイダー」のDNAを受け継ぐが、より進化した派生モデルとしてカテゴライズされる。

「Spider」デザインやマレットパターのデザイン全般に馴染みのある人は、「FCG」が従来の設計からの脱却を図ったことが一目で分かるはずだ。

「Spider FCG」が持つ独自のデザインがパッティングパフォーマンスにどのように影響をもたらすのか、すでに「Spider」パターを愛用する人が「FCG」モデルをどう感じるか。

果たして、従来のマレットプレイヤーを遠ざけることなく、ブレードからマレットへ乗り変えようとしているゴルファーを獲得することができるだろうか?

非常に楽しみだ。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【「Spider FCG」はブレードパターと同じくらい快適か?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。