テーラーメイド 『SIMツアー』&キャロウェイ 『MAVRIK(マーベリック) SUB ZERO LS トリプルダイヤモンド』ドライバー

テーラーメイドとキャロウェイゴルフがUSGAの適合リストに新作を追加。発売の日は来るのか?

ドライバー部門で業界を牽引するテーラーメイドとキャロウェイゴルフの両社が、今週、新モデルをUSGAの適合リストに追加した。

SIMドライバーは、今年の小売販売数でトップに君臨。

これだけ見れば、ラインナップを増やすような切迫した状況ではないだろう。とは言え、コロナ渦であることと、キャロウェイがドライバーのシェアを伸ばしているという報道もあることから、何が起きてもおかしくはない。

今シーズン発売されたSIMシリーズの3モデルに、『SIMツアー』はなかった。

テーラーメイドは、ここ数世代のドライバーにヘッド体積が430-440ccのアンダーサイズツアードライバーをラインナップしてきた。

憶測の域ではあるが、最近の同社によるツアーモデルのネーミングを考えると、今回のモデルは1月の発売時にはなかった460ccを若干下回るドライバーである見込みが高い。

また、USGAをパスしたMAVRIKシリーズの数はレフティを除き、今回の『SUB ZERO LSトリプルダイヤモンド』で13本になる。ダイヤモンドシリーズは、ゴルファーの一部から大きな支持を集めている。

今回の2モデルが今後どのようになるか、詳細は、また分かり次第お伝えする。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【両社の新モデルは、特定のショップでの限定販売?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。