テーラーメイド「SIM DHY&UDI」ユーティリティーアイアン ~「GAPR(ギャッパー)」からの世代交代~

「GAPR」に別れを告げ、テーラーメイドが新作「SIM DHY & UDI」ユーティリティーアイアンを発売。果たしてゴルファーを魅了できるか?

2年前、テーラーメイドは『ドライビングアイアン』と『ユーティリティー』の間にある未開拓のカテゴリーに挑戦した。

「GAPR (ギャッパー)」LO、MID、HIモデルの登場によって、これまで不可能と信じられていた“ギャップ”が埋められるようになった。素晴らしい性能、ルックスも良く、時間をかけて愛着が湧くようなクラブだったが、「GAPR」は、テーラーメイドのプロスタッフからあまり愛されなかった。

ツアーの影響はあまり関係ないという声もあるが、彼らは、今回発売の「SIM」がそれを変えることを望み、「GAPR」よりツアー使用が増えることを期待している。

「実際にツアープレーヤーからフィードバックを受け、すべての意見を新作クラブに取りいれた期待のクラブだ。」と述べるのは、テーラーメイド商品開発担当者のビステット氏。

「DHY」と「UDI」ユーティリティーアイアンに興味が湧くかは別として、「GAPR」の後継という意味では、非常に興味深いクラブだ。

そしてプレー次第では、クラブ同士のギャップを埋めるのに最適なクラブになるかもしれない。

テーラーメイドは最後まで「GAPR」を活かし続けた。これまでの世間の反応は、実用的な“ユーティリティーアイアン”でもなく“ユーティリティー”でもないクラブの必要性を認識していなかったし、興味もなかった。

しかし、今回の新SIMは偽りない“ユーティリティーアイアン”だという。

同社にとって大きな飛躍となるか。いずれにせよ、前作「GAPR」の経験を大きく活かした傑作であり、両モデルとも非常にプレー性に優れたユーティリティーアイアンだ。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【新作「SIM DHY & UDI」の特徴
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。