なぜパターでは慣性モーメント(MOI)が重要か ~オデッセイ チーフパターデザイナーに聞く~

時代は変わり、ゴルファーたちはルックスや打感だけでパターを選ぶべきではないことに気づき始めた。

私はマレット型のパターが大好きだ。違和感なくアドレスでき、自然にストロークできるからだ。

パター選びで最も気をつけていることと言えば、長さだろう。自分の手とヘッド、自分の体とボールの距離を決めるものなので、これが合っていないと気持ち悪くて仕方がない。

私も含めて、アマチュアゴルファーがパットを練習する機会は非常に少ないので、パターは他の番手以上にゴルファーがクラブに頼る部分が大きいクラブと言える。

ところが、MYGOLFSPYがこれまで一貫してその重要性を主張してきた「フィッティング」は、アマチュアゴルファーには浸透していない。パターとなればなおさらだ。

ゴルフショップのパターコーナーで数本試し、フィーリングとデザインと値段で何となく購入を決めるのがアマチュアゴルファーのパター選びの実態だろう。そもそもパターフィッティングの認知度は低く、実施している店舗も少ないので無理もない。

アドレスもストロークもインパクトも安定していないアマチュアゴルファーの強い味方が、今回の記事のテーマである「MOI(慣性モーメント)」だ。

MOIを正しく理解することは、正しいパター選びに欠かせない。スコアアップにはパット数を減らすのが最も効果的だ。自分に合うパターを選んで、ぜひスコアアップを狙ってほしい。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ニュートンとパターの意外な関係…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。