PING「G425」ドライバーシリーズがUSGA適合リスト入り ~「LST」「MAX」「SFT」の3モデルをチェック~

「G425 LST」は、これまでの2世代と同様に同社で“最も低スピン”のモデルと見て間違いないだろう。

ここ2、3年の我々が行うクラブ製品テスト(Most Wanted)の結果をチェックしてきたなら、なぜ我々がPINGの「G425」ドライバーを待ち望んでいるのか、もうお分かりだろう。

まだチェックしていないゴルファーは、『2020年 ベストドライバー』を見ればわかるはず。是非この結果をご覧いただきたい。

『現在ゴルフ用品メーカーは、新型コロナウイルスの感染拡大により、事実上の製造停止に追い込まれている中、PINGは新商品のローンチを2021年まで遅らせることを決定した。つまりこれは、今年「G425」ドライバーシリーズは“お目見えしない”ことを意味する。』

というのは、今回紹介する記事の一文だが、これはどうやら米国と欧州の話のようだ。本文を読んで驚かせては申し訳ないので、あらかじめ伝えておこう。

PING「G425」ドライバーは、今週の日本ツアーで投入され、PGAツアープロは10月のどこかで手にすることになるはず。そして前作同様、PING「G425」ドライバーシリーズは3モデル(LST、SFT、MAX)となりそうだ。

まずは、PING「G425 LST」ドライバー。「G425 LST」は、これまでの2世代と同様に同社で“最も低スピン”のモデルと見て間違いないだろう。

続いてPING 「G425 MAX」ドライバー。PINGの「G400MAX」は、PINGのラインナップで一番古いドライバーだ。そして、「G410シリーズ」においてこのドライバーに匹敵する高MOIのドライバーはなかった。

そして、PING「G425 SFT」ドライバー。初代の「SFT」が発売されてから我々がテストした全ドライバーの中で、一番安定してつかまえられるクラブだ。

まだ「G425」ドライバーシリーズは、我々における製品テストを行っていないが、いずれにしてもPINGは間違いなく、最も “操作性”があって“低スピン”のドライバーを投入してくるはずだ。

それでは、待望のPING「G425」ドライバーの所見をチェックしよう!

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【PING「G425」ドライバーシリーズ所見をチェック!
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。