『トリプル・トラックSEVEN』& 『ストローク ラボ ウィメンズ』パター ~シンプルなデザインがゲームを変える?~

『トリプル・トラック』シリーズと『トリプル・トラックボール』を組み合わせれば、パットの方向性で迷うことはない?

今年3月に発売された『トリプル・トラック』パターの追加モデル『TRIPLE TRACK(トリプル・トラック)SEVEN 』が発売された。

『トリプル・トラックSEVEN』には、ツアーで一番人気のヘッドシェイプでアライメントを改善する革新的テクノロジー、「トリプル・トラック・テクノロジー」を採用。

また、テンポと安定性に必要な「ストローク ラボ シャフト」や、正確なアライメントや、安定性、パフォーマンスを可能にする「マイクロヒンジ★インサート」も搭載されている。

この性能に関しては「オデッセイ スロトーク ラボ トリプル トラックパターを発売 ~カップインが増える?〜」で見ていただくとわかりやすいので、テストの結果も含め参考にしてほしい。

『トリプル・トラック』のデザインは実にシンプルだ。パターの設計は、通常いくつものプロトタイプを経た上で最終デザインが決まるため、その設計プロセスには時間がかかるが、このデザインプロセスはたった5分で済んだらしい。

しかし、そのたった5分のデザイン「トリプル・トラック・アライメントシステム」がゲームを変える可能性がある。

さらに、『トリプル・トラック』シリーズと『トリプル・トラックボール』を組み合わせれば、パットの方向性で迷うことはないという噂だ。

もちろんパターの読みは必要だが、ボールのラインに正しく合わせようとすれば、パターヘッドも正しい向きになり、少なくともボールは狙い通りの方向に転がるはずだ。パッティングに自信のないゴルファーは、試してみてはいかがだろうか?

今回、同時に発売のされたブルー×シルバーのルックスが魅力の『ストローク ラボ ウィメンズ』パターも、是非チェックしてほしい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【シンプルなデザインがゲームを変える?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。