ミスショットはボールのせい?~2019 ゴルフボール バイヤーズガイド~

ミスショットした理由を、ボールのせいにできるかもしれない。それも、正当な理由で。

ボールがゲームに与えるインパクトは、大きいと思う。

しかし多くのアマチュアゴルファーは、飛距離やクラブの性能、スイングについては追求するものの、ボールやグリップ、グローブにはこだわる人は少ないようだ。スコアが良かった時に使っていたものや、「フィーリングが合う」などの安易な理由で選んでいる。

私のボール選びも似たようなものだ。私は飛距離志向なので、ディスタンス系ボールを選ぶ。新製品ではなく、型落ち品を使うことが多い。理由は、単純に値段が安いからだ。

今回は、久しぶりに出た「バイヤーズガイド」の記事を紹介したい。テーマは「2019年モデルのボール」だ。

この記事にも、MYGOLFSPYが一貫して重要性を主張する「フィッティング」の話が出てくる。

最近ボールのフィッティングも話題になっているが、ゴルフショップではほとんど見かけたことがない。手間がかかる割に売上が少ないので、あまりやりたがらないのだろう。

ボールメーカーはフィッティングをやっているが、結局そのメーカーのボールしか選べないので、本当にゴルファーの役に立っているとは言い難い。

興味のあるゴルファーは多いはずだが、この仕組みを何とかしなければ、フィッティングはなかなか普及しないかもしれない。

記事を見てもらえばわかるが、非常に面白い結果が出ている。メジャーなボールが必ずしも良いとは限らないことがわかるだろう。

記事を読んで、クラブと同じようにボールももっと真剣に選ぶべきだと反省したのだが、皆さんはどう感じるだろうか。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ボールもフィッティングする時代?…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。