史上最高の性能!?飛ばしの新提案 ~本間ゴルフ「TR21X」アイアン~

「T//WORLD TR21X」は飛距離性能を追求したクラブだ。本間ゴルフ曰く、史上最高の性能を誇るアイアンだという。

本間ゴルフにとっても2020年は苦難の年だった。ジャスティン・ローズと袂を分かつことになり、それについて十分な説明が与えられなかったこともあって製品の品質についての憶測を呼んだ。

その上、「TR20シリーズ」の発売は新型コロナウイルスのせいで勢いをそがれ、認知度を上げられなかった。そして、CEOのジョン・カワジャ氏がひっそりと会社を去った。

新作「TR21X」は、アベレージプレーヤーの飛距離アップに対する、本間ゴルフの本気度を表している。もちろんそれはどのメーカーも同じ。

しかし、「TR21X」は逆からのアプローチでこのカテゴリーに取り組んでいる。もちろん飛距離性能について謳っているが、それだけでなく易しさも兼ね備えたクラブだという。

「TR21X」は、MyGolfSpyの2020年『上級者向け飛び系アイアン』ランキング寛容性1位、総合2位に輝いた「T//World TW-X」の後継モデル。

本間はこの「TR21X」を、歴代「TRシリーズ」の中で“最も寛容性の高いアイアン”としている。

易しくて飛距離性能が高く、見た目的にも「これならブレード」と呼べるだろうと納得できるアイアンを探しているなら、「TR21X」は買いかもしれない。

果たして、新規まき直しをはかる本間ゴルフにとって「TR21X」は期待の星となるのか?

今後の動向にも注目したい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【史上最高の性能!?本間ゴルフ「TR21X」アイアン
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。