GPS VSレーザー距離計 ~レーザー距離計かGPSか悩む人へ~

すべては「コースマネージメント」のためにある。

レーザー距離計もGPS技術も、現代人のゴルフを変えた。

どちらも「良い点」と「悪い点」があり、各距離計の特徴のとらえ方や、プレーする場所によって選ぶべきモデルが変わる。

1つに絞る必要はなく、ホームコースではレーザーとGPSウォッチ、初めてラウンドするコースでは携帯用デバイスやアプリを使うゴルファーもいる。ラウンド中に、両方を駆使する場合もあるだろう。

携帯用デバイス技術の登場で、さらに詳しくコース情報が得られるようになり、ハンディキャップ問わず、どこでも誰でも使えるようになった。

ビジネスシーンでのゴルフや、新しいコース好きのゴルファーは、ホール画像搭載の携帯用デバイスが絶対おすすめだ。

『方向』というのは、「グリーンの左方向に」といったように目で確認できる。一方、「ピンまで残り何ヤードか」といった『距離』は推測しにくいものだ。

『距離』のために、これだけ豊富な機能をそろえたテクノロジーには本当に脱帽する。

今回ご紹介する記事の内容は、モデルごとの特徴を比べるものではなく、レーザーとGPSの技術について掘り下げて調査したもの。是非これを参考に、自分に適切な距離計を選んでもらいたい。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【GPS派?レーザー距離計派?決定的なポイントとは?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。