テーラーメイド P-7TW アイアン ~タイガー・ウッズ 道具へのこだわり~

ウッズが道具に細かいことは有名な話だ。プロの間でも、ほとんど右に出る者がいない繊細な感覚を持っている。

2019年のマスターズ最終日。

43歳になったタイガー・ウッズは、2位のダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカらに2打差をつけた首位だった。

最終ホールのグリーンへ向かうウッズ。14年ぶりの優勝に手を伸ばせば届くところまでやってきた彼は、この時次のパットのことしか考えていなかったはずだ。固唾を飲んでそれを見守るギャラリーや世界中のファンの目には、まさに映画のワンシーンに見えただろう。

そしてウッズがウイニングパットを決めると、大歓声がこだました。

「1995年にアマチュアとして初出場し、1997年に初優勝した。あれから22年経って、またこうやって勝てるとは、本当に感慨深い。その間、いろいろ苦労もあったからね。ほら、髪が少し薄くなっているだろう?」

テーラーメイドがP-7 TWを限定販売している。このアイアンは、(ライ角やシャフトの)細かい点を除けば、ウッズが使うものと同じだ。噂によると、早くもゴルフショップには問い合わせが殺到しているらしい。

このアイアンに興味が湧かないゴルファーなど、いるだろうか。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【あのタイガーが認めたアイアン…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】