コブラ F-MAX AIRSPEEDを発表 ~コブラ史上最軽量ドライバーが登場!?~

コブラ「F-MAX」シリーズの最新作『F-MAX AIRSPEED』軽くて、速くて、易しい!?

一昔前のコブラと言えば『グレグ・ノーマン』アメリカPGAツアーで通算18勝、2度の全英優勝を含めた合計勝利数20勝。1986年は「ノーマンの年」「グレグ・イヤー」と言われるほど、世界を舞台に活躍した選手だ。

このグレグ・ノーマンが、コブラを世界に広めたといっても過言ではない。

あの『タイガー・ウッズ』もアマチュア時代は、特定のクラブメーカーと契約していなかったこともあって、ドライバーは「キングコブラツアーメタル」を愛用していたのは有名な話だ。

現在のコブラはカラーバリエーションが豊富で、既成概念にとらわれないクラブ開発が可能なメーカーだが、当時のクラブを見てみると、現在のデザインは想像もつかない。

コブラのドライバーは、ヘッドが大きく易しい。他の海外ブランドと比べると価格も安く手が出しやすいというイメージだ。

全世界でゴルファーの高齢化が進む中、各メーカーが“軽量”の分野に力を入れている。

老舗ゴルフメーカーのコブラもその時代の流れには逆らえず、2017年にF-MAXシリーズを発売。そのコンセプトは、軽くて、速くて、易しいモデルだ。

今回のコブラ「F-MAX」シリーズの最新作『F-MAX AIRSPEED』は、コブラ史上最軽量モデルとして発売される。

今後も増えつつある50歳以上や、ハンディキャップが高く以前のようなスイングができず悩むゴルファーがターゲット。

また、飛距離と易しさを求める初・中級者に向け、「AIRSPEED」のニューアイアンとニューハイブリッドもラインナップ。こちらも注目だ!

果たしてコブラは、新たな層のゴルファーを獲得できるか。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【コブラ史上最軽量モデルの魅力とは!?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。