ブリヂストンTOUR B J819 ドライバー ~お値打ち価格の予感~

明らかなのは、ブリヂストンはすでにクラブカテゴリーではニッチなブランドであり、その最新ドライバーはマーケットにいるニッチ層に向けられていることだ。

ブリヂストンは日本を代表するスポーツメーカーであるのは周知の通りだが、ゴルフ業界において外資ブランドが台頭する前は、日本の二大ブランド(ブリヂストン・ダンロップ)でシェアの大部分を占めていた。

1990年代のゴルフブーム絶頂期には、ジャンボ尾崎プロのブランドJ’s(ジェイズ)を立ち上げ、多くのトッププロが使用したことで憧れのモデルとなり一大ブームとなった。
 
その後、ツアーステージブランドに変わり、宮里藍プロを広告塔にViQシリーズを発売し、やさしいモデルとしてアマチュアゴルファーの人気を集めた。

一方、プロライクなクラブのX-DRIVEやX-BLADEは、一部の競技志向のゴルファーに支持されていた。

そして海外戦略を強化するため「BRIDGESTONE GOLF」と名称を変え、TOUR Bシリーズなどを海外で展開し、USPGAでもクラブを使用するプロを見かけるようになった。

アメリカでは、タイガーウッズをはじめ、デシャンボーやマット・クーチャーなど多くの影響力のあるトッププロがブリヂストンのボールを使用していることでシェアを伸ばしているため、クラブよりもボールのほうが有名だ。

しかし、日本ではクラブの印象が強いだろう。ブリヂストンのクラブは、ヘッド形状や色、デザインで冒険することは少なく、他のメーカーと比較してもオーソドックスなデザインだ。歴代モデルの愛用者にとっては、それも魅力の1つだろう。

今回発売されたTOUR B J819ドライバーが、3年前に発売されたJ815のコンセプトを継承しているとすれば、やさしいモデルに仕上がっているはずだ。

CEOが変わり会社の方向性を変えようとしている今、ドライバーカテゴリーにおいてもその実力をアピールする必要がある。

シェアを拡大するためには、今回のモデルのヒットが不可欠だ。そのためにはニッチ層以外にもアピールしなければならないが・・・
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ニッチから広げる反撃?…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。