コブラ『PARS AND STRIPES SPEEDZONE』ドライバー ~人気間違いなし?の注目ポイント~

歴代最高のルックス?性能はさる事ながら、フジクラの「Ventus Blue」シャフトの装備にも注目!!

リッキー・ファウラーやブライソン・デシャンボーがアンバサダーを務めるコブラから、最新モデルが発売。

新作『PARS AND STRIPES SPEEDZONE』ドライバーは、全米オープン限定ドライバーとして発売される予定だった。

今年の悲惨な状況がなければ、全米オープン(当初の予定20年6月15日~21日)で(ウィングド・フット・ゴルフクラブ)、世界のトッププロが熱戦を繰り広げていたことだろう。

そこで、コブラが着目したのが、イベントに合わせたドライバーの「配色」。ソールが「レッド×ホワイト×ブルー」に描かれた限定ドライバー『PARS AND STRIPES』を、アメリカ独立記念日(4th of July)に間に合わせること。

コブラの限定モデルのデザインは、常に改善を重ね、確実に魅了し続けている。今回のモデルは、歴代の限定バージョンの中でも最高のルックスに仕上がっているように思う。

革新的なルックスだけだはなく、コブラのドライバーは常に最先端であり、性能に関しても、MyGolfSpyが毎年行っているクラブ性能テストで、好成績を収めている。

そしてこのモデルの注目ポイントは、アフターマーケットと同じ品質のシャフト『Ventus(ヴェンタス)』が装備されていることだ。日本では5万円で発売されているフジクラオリジナルの『Ventus』が装備され、『PARS AND STRIPES SPEEDZONE』ドライバーの価格が549ドル。

この価格が高いと感じるのか?シャフトに詳しいゴルファーなら、興味を示さない訳がないだろ?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【進化する限定クラブのルックス
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。