クリーブランド「SMART SOLE4」と「CBX FULL-FACE」ウェッジ ~ショートゲームのお助けウェッジ~

お助けウェッジでスコアアップ、あなたのミスを解決できる!?

ここ最近、“お助けウェッジ”というワードを多く目にする。今、このお助けウェッジが売れているという。その理由は何だろうか?

お助けウェッジと言えば、キャロウェイ SURE OUT(シュアアウト)やキャスコのドルフィンウェッジ、前モデルのクリーブランドのスマートソール3などがあげられる。

今回発売される『クリーブランド4』は、好みが別れるもののショートゲームを「超・易しく」するクリーブランドウェッジの最新モデルだ。

「一度でもスマートソールを使ったら、バターナイフのような切れ味鋭いブレードのウェッジには戻れなくなる」とクリーブランドウェッジ スペシャリストのジェームズ・フォデラ氏は語る。

特にバンカーショットでのミスや、グリーン周りでの“ザックリ”が怖いゴルファーに自信を与えてくれるのは超ワイドソール以外にはない。とにかく、ボールの後ろ側から当てればいいのだから。

バンカーに入ったからといって、肩に力が入る必要も怖がる必要もない。クラブの性能を信じて打つだけだ。

もしかしたら、今回発売される「クリーブランドSMART SOLE4」と「CBX FULL-FACE」ウェッジがあなたのお助けウェッジの1つ、困った時の切り札となるかもしれない。

独特の顔つきだが、どこか憎めない、悩みを簡単に解決してくれる凄いヤツ。きっと今回も幅広いゴルファーの悩みを解決することだろう。

色々考える必要はない。もう一度言う、クラブの性能を信じて打つだけだ。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ミスショットはこれで解決!?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。